月一キャンプだホイ♪ 今回は千葉のお城へ

Pocket

2月のお城とキャンプは千葉だじょー。

前夜、出発。
…とか言っても、距離を稼ぐでも無く、海ほたるで車中泊(笑)
金曜日に地震があったので、どうしようかとは思ったんだけど、
施設の高さがあるので大丈夫かな?と。

おかげで朝は海から昇る朝日を…見る予定が、寝坊して
すっかり高く昇った朝日を拝む(笑)


でも綺麗♪

今回の目的地は千葉。
あまりお目当のお城は無いんだけど、千葉なら暖かいかな、という目論見は、朝の天気予報で打ち砕かれる。

なんで千葉に雪予報じゃーーーーっ!!!!

でもまぁ、キャンプ場も予約してあることだし・・・・・。
で、着いたお城は久留里城

1564年、北条軍の上総侵攻により久留里城は一時陥落したものの、再び里見氏が奪還。

1590年秀吉の小田原進軍の時には、里見義康は参陣を命じられが従わず秀吉の不興を買い、安房一国の領有はゆるされたが、上総の所領は没収されてしまう。
この年に徳川家康が関東に入封し久留里城には松平(大須賀)忠政が3万石を与えられ入城した。忠政は城下町整備に尽力し後の基盤が出来上がったとか。

昭和30年に城跡跡地に城山公園として整備を行い、昭和54年には模擬天守が土壇の天守台脇にRC構造にて建造されたけど。実際に建っていたものとは大幅に異なるらしい。

…と言うお城。

でも堀切もちゃんと確認できるし、天守からの眺めも良い。
上から見る風景で、昔の総構えを想像することのできるお城で、なかなか良い感じで城跡巡りができました。

めっけもの。★3つ。

説明版のイラストが味がある(笑)

もんじろう、頑張って歩いていると思いきや・・・・・

あれ?抱っこちん。

証拠写真(笑)

し、失礼なっ!ちゃんんと歩いてるってば。

山道だってほいほいほーい。

城跡から見る町並み。
総構がわかるよ。

さて、次は本多忠勝が城主だったこともあるため、久留里城よりは観光地化している大多喜城
でも、なんとなくピリッとしたところもなく、あまり惹かれるところの無いお城で、こちらは残念賞。

一応兜はかぶっといた(笑)

そして、今日のお宿、大原上布施キャンプ場へ到着し、テントを張って焚き火ターイム。
こんな天気予報だからか、4張りがぽつーーんぽつーーんとばらまかれ、静かな静かな時間が過ごせた。

家族連れにあたると、すっごいうるさくて・・・・なんて口コミもあったけど、今日のキャンパーの人たちは本当に静か。
それぞれ思い思いに過ごしている風が良かったなぁ。

管理人もおじ様も、優しくとても良い人柄で、この管理人さんだからのリピーターもいそうだね。

ちなみにここは薪がタダなので、今日のメニューは王道の焼肉バーベキュー。
電源も頼んだので、もんじは電気毛布で包んでぬっくぬくです。

前回のような絶景は無いけど、風も無く、心穏やかな夜~。
時間が経つにつれて、冷え込んでくる冷気がどこまで睡眠に影響するかは、まだわからん(笑)。

7時には第一回目の入眠。

その後もんじが寝床を変えるたびに起きなきゃいけなかったのと、夜に降りだした雨と、前線の風と、明らかに雨じゃない白いものが降りつける音に時々起こされながら、
それでも快適に夜を過ごせた。
ホットカーペットと、もんじ湯たんぽは最高だなぁ(笑)

キャンプのレイアウトも、まぁまぁ固まったしね♪

たき火も夜ご飯も終わった後、シェルターに引きこもって、ストーブで温まりながらホットワインが幸せだ。

さ、明日、積もってないといいんだけど。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です