月一キャンプだホイ 今日のメインは高根城っ!

Pocket

3連休で城址巡りの旅&月一キャンプ♩

しかーし、予約したキャンプ場は川沿い。
天気予報をチェックすると、その地域の降雨量なんと80ミリっ!!

ちなみにその雨量をネットで調べると、圧迫感のある雨量で、傘はなんの役にもたちません…だって(笑)

岩に行くときは天気予報 見ないのに、キャンプだと天気予報ちゃんと見るよ。
だって、濡れたデカいテントなんて乾かす場所無いもん、我が家(笑)

と、言うわけで、うまいことジョンさんも土曜日仕事になったので、キャンプ場の予約を一日ずらして土曜日の夜に出発。

新東名の遠州 森まで走って、そこで撃沈。

あけて日曜日。
まずは二俣城。

武田信玄が大軍を率いて遠江へと侵攻。二俣城への攻撃を開始したけれど、二俣城は天竜川と二俣川に囲まれた天険要害の難攻不落の堅城。
攻めあぐねていた武田軍は、城方が水を引いていた井戸櫓を破壊。水の手を絶たれた籠城側はとうとう武田方へ降伏したんだとか。

また、家康の嫡子・松平信康が自刃させられた悲劇の城としても知られる二俣城。
天正7年(1579)、家康の同盟者である織田信長に、家康の正妻・築山御前と長男・信康が武田方に内通しているとの報がもたらされ、信長は家康にこの二人の処断を求め、切腹がなされたのもこのお城。

詳細はこちらで。

その城跡ははこじんまりとしているけど、堀切や虎口の形がはっきりとわかる。

父ちゃんまだかなー。

そのまま鳥羽山城址までハイキング。

鳥羽山城址は徳川家康が二俣城奪還の為に築いたのが最初とか。
その後は二俣城の支城のような役割を果たしたとか。

結構てこてこ歩いたので、これで朝の足慣らし終了。

堀切。

天守台からの眺め。

次は天竜川沿いをひた走り、今回の私の一押し、高根城址へ。
入って行く道がエラく細いのでビビったけど、立派な駐車場もある山城。

登城気分を高めるため(笑)急登の登城ルートを登る。

もんじは最近では半分くらい頑張るけど、あとはびっこたん攻撃で、抱っこちん。
なので、こちらは歩荷訓練もできる(笑)

歩いて行くとこんな遺構がっ♪

・・・ま、実際のものとは大きく違っているようだけど、イメージはこんな感じ的に。

井楼櫓。せいろうやぐら。
物見の役割で作られた模様。

「お参りしないと」

「もんちゃん、土足であがっちゃだめ」

城址からの町並み。

写真をぱちぱち撮っていて、ふと振り向いたら、縁側の一番暖かいところでまどろむもんじ。
頑張って歩いてきたもんね。・・・・半分だけ(笑)

はっきりとわかる堀切。

これは珍しい、二重堀切。

一番深いところで9メートルだって。

頂上GET♪

建物的な遺構は、みんな模造なんだけど、珍しい二重堀切とかがはっきりと残っていて、視覚的にとっても興味深い。私好み。
ここも面白い城址だったぁ。

帰りは気持ちのいい山道をゆっくり下山。

なんと朝からテンポ良く3城も登城して、ご機嫌で今日のお宿、川音の郷キャンプ場へ。
同じ道を行くのもつまらないので、山道をチョイス。
30キロの峠道をばびゅーーーーーーんと走ったところで、まさかのがけ崩れで通行止めーーーー。

まーーーじーーーでーーーー????

はい、マジながけ崩れでした。
もっとずーーーーっと手前で教えてほしかったぁ・・・・・・。

キャンプ場でのんびり、ゆっくりするつもりが、大きくタイムロスっ。
うぇーーーーん、と来た峠道を引き返し、やっとこさっとこたどり着きました。

つ、つ、つかれた・・・・・・。
しかし、休んでいる暇はないっ。

ここで、新しく投入された、三角テントのデビューーーー。
広げた時のデカさと重さにひるむけど、立ててみるとワンポールなので、工程が楽ちん♪

ペグを打ったら、せーーーーのっ!!!で終了。

しかも、中も広いので、ほぼ家。
ストーブつけたら最強の暖かさだね。

母ちゃん、お疲れ様~。

もんじの電気毛布のために電源サイト。
・・・・のつもりが、ケータイの充電やら、ランタンも電気から取っちゃって、もうほぼ家の様相。
この状態でホットワイン飲みながら、ぐだぐだおしゃべりして、本読んで、もんじと遊んで♪

今日のメニューはーすき焼き。
ディナーは外で食べて、たき火して、あとはテントの中でぐーだぐーだ。

白いテント、夜は明るいのがなんかほっとする。

このキャンプ場の面白かったのは、すぐ隣がサバイバルゲームのフィールドになっていて、夕方6時くらいまでは撃ち合う音と、スピーカで聞こえる戦績発表。

「どなたか銃忘れてますよーーー、銃ーーー」の放送に大爆笑。

てな感じでまだ9時だけど、もんじのこの顔に誘われ私も寝るかなー。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です