城跡巡りなボルダーへ出発~♪ リップの先端にレッドポイント????

Pocket

何年ぶりだろう、豊田…。
とは言っても天下峰しか行ったことないので、ほぼ初だけどね。

金曜日の夜にHIROMIちゃんを拾っていざ豊田へ♪
あ、掛川でダウンだった(笑)

そして、土曜日の朝、IMIさんと、M田M田君がいる歌石駐車場へやっとこさっとこたどり着きボルダーボルダー♩

歌石の駐車場はとても綺麗で、静かで、いい気に満ち満ちていて、ここでずっとのんびりしていてもいいくらい。

でもせっかくたどり着いたので、やはりお出かけ。
まずは大田エリアへ。

アップは太陽が当たっていて暖かそうなパックマン。

ガバなんだけど、ホールドがまだ冷たかった・・・・・。
パックマンCまで繋げようとして冷え落ち。
2便目でC終了。

HIROMIちゃん@パックマン。

M田M田も。

んで、も一つ低いトラバース課題、うなぎの寝床Cにトライ。
私の100岩場の説明には

 右側クラックからスタート

↑ 左側クラックだよ。

 しかも

 核心は右手アンダーから先端にレッドポイントする箇所

↑ たぶん、デッドと言いたいのか????

100岩場ひどすぎねーか??
初版ものだけど、2版や3版では直ってるのか????(笑)

そして、やってみたけど、先端へのレッドポイントが厳しくてできない~

せっかく誰もいない超人気課題なんだけどな。敗退。

カッチカチの課題、関取もクリア。
そして、最後の乗り込みを頑張った北稜もクリア。
あ、お手!も登ったな。

見晴らし台でのお決まりの記念撮影もね♪

悟りを開く人バージョン。

刺される人、バージョン。

カッコつけてみたバージョン。

今回は数を登るぞ~、と次。

パーマン。
これはいかにもボルダーっぽい、ぺたっ!!!というリップをトラバース。
途中までは耐えるものの、一番甘いところで持ちきれず。敗退。
IMIさんの持ち方とか見ると、根本的に違うなぁ。
これは外のボルダーを登りこまないとできないホールディング。

ここでいったん駐車場に戻りお昼ご飯。
駐車場から近いボルダーはこんな時間がとても楽しい。

場所を移動し、今度は古美山。

石器は人がたくさんだったので、見学のみ。

裏ドラ。
出だしから厳しい。
ホールドはでかいんだけど、体のキレがもひとつ必要な感じだった。敗退。

んでリーチ。
ひぇーーーー。これって手に足??手に足~?????
こんな怖いことあんな高いところでできませーーーーーん。敗退。

・・・このあたりから、ほぼ敗退の山積み(笑)

そして、本日最後のエリア。
大給城跡。

ここすげーいい城址じゃないかーーーー。
207メートルと比高はそんなに高くないけど、堀切がよくわかるし、曲輪も土塁もはっきりと残ってる。
大給松平氏の祖となる松平乗元のお墓もあり、物見岩あり・・・・どれもこれも高い岩だけど(笑)、主郭あり、展望も素晴らしい。

ボルダーマット背負って、虎口を曲がっていくなんて、なんていいエリアなんだ。

城跡の碑。

日当たりのよい館跡。

岩の探索ならぬ、城址巡り。

ここから見る夜景。

懐かしいフレーズ、撮るを撮る(笑)。

このエリアでは「ティータイムの行けるとこまで競争」。
一番いけなかった人は今日の夕食は白米だけ・・・・という「クラハラ」(クライミングハラスメント)があったので、頑張ってみたけど、最後の1手が解決できずっ!!

これ完登したいなぁ。

あとはムーンサルト。
ちょっと時間もなかったので、偵察のみ。

あーしてこうして、こうやって・・・・・・・と、頭の中での妄想完登はできたので(笑)、次回トライするぞーーーー。

ダイヤモンドスラブは美しいけど、きっと怖くて一生トライしない(笑)
ポールポジションは高いっ、怖いっ、今日は濡れててなんだか緑っ!

そして、本日のメインイベント。
M田のオメガングターイム♪

こんな本命を控えて、あんなにまる一日遊んでいる・・・あ、間違えた、登るなんてすごいなぁ。

4段の完登シーンなんてなかなか見られないぞ~♪

ワクワクワクワクワクワクワクワク・・・・・・・。

あれ?
1手目から進まないなぁ。

どうも今日はフィーリング悪いようで、残念ながら完登シーンはお預けでしたー。
残念。

いえーい♪
明日も頑張るぞ~♪  な図。

真っ暗な道を下り、まだまだ長い一日は続く。

餃子からの温泉、そしてあんなにお腹いっぱい食べたのに、駐車場に戻ってそこからの焼肉ぱーりーじゃーーーーーー♪

しかし
早朝からの運転&ボルダー&温泉で、もう頭はぐらぐら。
日付が変わるころには放免してもらい、楽しい楽しい1日目が終了~。

夜は寒そうだ~。
お休みなさーい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です